美容学校で学ぶ人の心得!しっかり把握しておくべき重要なポイントまとめ

当サイトは美容学校で学ぶ人の心得として、しっかり把握しておくべき重要なポイントをまとめて解説しています。
これから美容の学校を目指して、将来は美容分野で活躍したいと考えているのならぜひ参考にしてみてください。
美容の学校の単位を取得するための条件も当サイトでご紹介しています。
また美容の学校の定期試験で良い点をとるコツについても触れているサイトです。
将来の目標を達成して、憧れの職業に就くためにもおすすめです。

美容学校で学ぶ人の心得!しっかり把握しておくべき重要なポイントまとめ

これから美容師の仕事ができるように美容学校に通おうと考えている人もいるのではないでしょうか。
将来美容院で働けるように美容学校に行くなら心得ておきたいことがありますが、その1つは美容師資格はしっかりと取得しておくべきだということです。
美容師として働くにはこの資格が必要ですが、美容学校を卒業するだけでなく国家試験に合格する必要があります。
資格を取得していれば、将来資格を活かして働けるようになるため大切です。

美容学校で実施される楽しいイベント

最新の美容やファッションを学ぶことができる美容学校では、生徒たちが自分の感性を磨くためのさまざまな楽しいイベントをカリキュラムの一環として実施しています。
自身の施したヘアメイクをプロカメラマンによって撮影してもらって技術を競い合うコンテストや、世界各国で活躍している有名なアーティストから技術を学べる国際教育なども生徒からの人気が高い企画です。
また、美容学校ならではの催しとしてはハロウィンパーティーが定番で、美容を学ぶ生徒たちであればこそのクオリティの高いメイクや衣裳を用意して、思い思いの仮装を施した上で思いきりゲームを楽しんでいます。
そのほかにも、テーマパークで社会人としてのマナー研修を受けたり、全学年が一同に集って団結力を高め合うスポーツフェスティバルなどを催す美容学校もあり、生徒たちが社会に出るための成長につながるような内容が特徴です。
これらのイベントは生徒のモチベーションを維持したり、作品を形にする楽しさを実感することにも役立っています。

美容学校で大変だと感じやすい要素

高校卒業後の進路として、美容学校を考えている方が多くいると思われます。
専門的な知識をスキルを身につけることができますし、国家資格を取得できるので、美容業界で働きたい方にピッタリです。
美容業界で働く上で必要な技術を身につけることができますが、美容学校では大変な要素が多々あります。
それは何かというと、モチベーションを高く持って勉強をしていかないと、スキルが不十分なまま卒業することになることです。
入学すれば全ての人が高度な知識やスキルが身につけられるわけではなく、適当に過ごしてしまうとあっという間に時間が経過してしまうことをしっかり認識しないといけません。
自分から学ぶ姿勢を持って実習などに取り組むことがかなり重要です。
分からないことがあれば周りの友人や講師などに質問して解決してください。
教えられるまで待っている人は、成長するスピードが遅い傾向にあります。
大変に感じるかもしれませんが、卒業後のことも考えて行動するべきです。

美容学校に通っている人の一日の流れ

美容学校の学生の一日の生活は、昼間課程の学生と夜間過程の学生とでは大きく異なります。
昼間課程を選んだ場合は、午前中から夕方にかけてが授業の時間帯です。
びっしりと授業が詰め込まれているとすれば、朝9時頃までに美容学校へ向かって午前の授業を受け、昼食休憩をはさんで午後の授業を受けて帰宅します。
帰宅後の時間の使い方は人によって異なり、自宅で勉強をしたり、テレビを見たり、入浴をしたりしながら過ごしている学生もいれば、アルバイトに励む学生もいます。
これに対して、夜間課程を選んだ場合の流れは、基本的には昼間と逆になります。
授業はおおむね夕方からはじまるので、それまでの間は勉強やアルバイト、趣味の時間などにあて、夜遅くまで授業を受け終わったら帰宅して就寝します。
夕食は、授業を受けに美容学校へ行く前にとってしまう人が多いです。
定期試験が近い時期になると、授業以外のあいている時間を試験の勉強や練習にあてる学生が多くなります。
特に、卒業試験が近くなると、その先にある国家試験も見据えて、多くの学生が練習を積み重ねています。

美容学校で行われる授業の種類や内容

ヘアメイクやネイル、アイラッシュやブライダルなど美容学校では将来希望する仕事を目指すために、様々な学科やカリキュラムを選ぶことが可能です。
美容学校によって選べる学科は異なりますが、基本的に授業の種類は学科授業と実習事業の2種類に分かれていることが一般的です。
学科では理美容の業務における法令や制度、国家資格である美容師や理容師の社会的責任を学ぶ時間である「関係法規」や、感染症や環境衛生などの知識を学ぶ「衛生管理」、皮膚や毛髪など人体の構造と機能を学ぶ「保健」、ヘアやファッションの歴史を学ぶ「文化論」を中心に学びます。
実習では髪を整えて容姿を美しくする「カッティング」や、パーマ技術を学ぶ「ワインディング」、ローラーカールやウェーブローションなど全体的なバランスを学ぶ「セッティング」など現場で必要な技術を学ぶ内容となります。
他にもメイクや着付け、カラーリングを学んだり、学校によっては留学制度や研修制度、オリジナルカリキュラムが用意されています。

美容学校の学費を払えないかも!そういう時の手段

美容学校に入って、将来は美容師になりたい、またヘアメイクアーティストになりたいという夢がある方はいませんか。
美容業界は今も人気ですし、様々な学校がありますので自分の将来を考えて学校選びをしていきましょう。
その中で学費の事を調べてみると分かりますが、どうしても都心部の方が高くなる傾向があります。
それは学校の立地もありますし、指導している講師の質が高いというのも関係しています。
卒業前の研修で海外に行くというところは、それだけ高くなることも想定されますし高いだけの事はあります。
その中で満足出来る所を選ぶのであれば学費の安さだけで選んでしまうというのはナンセンスですが、経済的理由で通えないかもと思った時には制度を調べてみる事をお勧めします。
美容学校で入学金であったり授業料が免除となるような制度が設けられている事もありますし、奨学金がどこかで借りられるという事もありますのであきらめる前に調べてみる事です。

さまざまな分野で活躍できる美容学校を卒業してからの進路

美容学校を卒業してからの進路は美容院がほとんどであるというのは、今では古い考えです。
確かに美容師の資格を取得して美容院で働くケースもありますが今ではそれ以外に他分野で活躍できます。
美容師の資格を取らなくてもメイクの分野で働く人もいて、映画やテレビなどのメディアの世界で、メイクアーティストとして働くこともできます。実際に有名アーティストの専属メイクとなって、海外で働いている人もいて、活躍の場は日本だけではありません。
他にも着付けをメインとして結婚式場やホテル、個人での着付け教室、指先をきれいに見せるネイルサロンもあります。
髪の毛からメイク、ネイルやリラクゼーションなどをトータルで行う施設もあり、これからも進路は幅広くなりつつあります。
なぜこのようにたくさんの分野に進むことができるかと言うと、今では美容学校はトータル的に美に関する学習を実施しているからで、長い時間実際の現場での実習もあり、卒業後は即戦力で活躍しています。

美容学校(美容専門学校)で学ぶカリキュラムについて

美容学校で受講するカリキュラムは多彩です。一昔前まではカット、カラー、パーマといった美容室でのメニューを学ぶことが中心でした。
現在ではネイル、エステ、まつ毛エクステ、ブライダル用の着付けといった「トータルビューティー」の学習、育成を売りにしている美容学校が増えています。授業は大きく分けて座学と実技の二つ。
教科書で専門知識を学ぶ座学では、髪型やファッションの歴史、カラー剤やパーマ液の化学的作用を学んだり、衛生管理に関わる法律などを覚えます。
実技では、ウイッグと言われる頭部のマネキンでカットやパーマの練習をしたり、生徒同士がモデルを務めてヘアセットやシャンプーを実践します。
学校内には美容室と同じようなセット面が備えてあり、現実的な環境です。教えるのは美容学校の先生だけでなく、サロンで現役のオーナーさんが外部講師を勤めていることもあります。
基本的には美容師の国家試験に関わる部分が主軸になるのですが、並行して前述したネイリストやエステティシャンの認定試験を受けることもできます。
「カリキュラム全部を何となく学ぶ」より、将来の働き方やイメージを絞っておくと、スキルがより身につくと思います。

美容学校で学ぶ際にも様々な補助金が利用できる

国の補助金制度では日本学生支援機構の奨学金制度がよく知られていますが、美容学校でも利用することができます。
また各地方自治体でも奨学金制度が用意されており、美容学校によっては独自の奨学金制度が用意されていることもあります。
さらに社会人で美容師を目指す場合には、国から教育訓練給付金を受け取れる制度を利用できます。
厚生労働大臣が指定する講座を修了した場合に受講料の一部を支給する制度ですが、一般教育訓練給付と専門実践教育訓練給付の2種類があります。
一般教育訓練給付は適用条件が甘めですが、最大で10万円しか支給されません。専門実践教育訓練給付は条件が厳しく、初めて利用する場合は「受講開始日まで通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有していること」が必要で、過去に受給経験があるときは「前回の受講開始日から次の受講開始日までに3年以上の雇用保険の被保険者期間を有していること」が条件です。
支給額は教育訓練経費の50%(年間上限40万円)で、最長で3年間支給されます。
ただし受講の1ヶ月前までにハローワークでキャリア・コンサルティングを実施したり、ジョブカードの交付を受けたりしなければならないなど、利用には様々な注意が必要です。

日本の美容学校は海外研修も有りで講師の質も高い

日本には沢山の美容学校がありますし、将来的に美容系の進路で考えているのであればどこの学校を選ぶかという事で探していくことになるでしょう。
基本的には卒業後には資格を持つことが出来るというのがありますし、自分で試験に受けて合格しなければならないというのはありますが、そのための技術や美容院などに就職してからも即戦力として働けるような技術も高めていくことが出来ます。
試験内容にも関係する授業がおこなわれているわけですし、その質や内容で選ぶこともあります。
美容学校では卒業近くになると研修という事で海外に行くところもありますが、アメリカだったりすることが多いわけでその分費用も掛かります。
それが海外研修費という事で積み立てされている所が多いかもしれません。
学費の高い安いというのはそういったところでも違いが出てきますが、必ずしも安い所が良いというわけではありませんしニーズに合ったところを選んでいくというのが重要です。

著者:白鳥一哉

筆者プロフィール

東京都昭島市生まれ。
美容師の仕事のかたわら、美容学校の学生の就職支援などもしています。
東京 美容学校